虫歯の治療と予防

歯科医療のはじまりから現在への流れについて見てみる

歯にまつわる話は多く、古い時代には、長いこと虫が歯の中に存在していて虫歯になると考えられていた時代もあります。歯を抜くだけの職人の様な人も存在していた事を考えると、現在の歯科医療の進歩には目覚しいものが見られます。 歯科医療の始まりは、日本の場合には、明治時代に医師として国家資格を得る人物が初めて活躍する様になっています。歯科医療として独立した分野となったのも、この頃とされています。世界的に見ると、理髪店が歯の治療にあたっていた時代もあります。一説には、理髪店のサインポールが、その名残として存在しているといわれています。 歯科医療が独立した専門科として確立されると、その資格をもった医師が次第に医院として開業するケースが増え、現在ではその数が非常に増える傾向を辿っています。

将来性について考察する

歯科医療に関しては、医療的な面と審美的な面での両方でのニーズが高くなっています。虫歯治療については、食生活が現在の内容で継続されると考えた場合には、虫歯を発症する可能性が高くあります。虫歯にならないための治療、及び虫歯になってからの治療共に必要性が高くあります。今後のその傾向については変わりがないと考えられますが、歯科治療の方法についてはまだ改善の余地があると考えられます。特に治療時の痛みであったり、治療期間の長さについては、有効な機器を利用する事で、その操作によっては軽減あるいは短縮が図られていくと予想されます。 治療にあたる歯科医院の医師についても、最新の機器を利用した技術を学ぶ事が、多様化している歯科医療における患者獲得の手段となっていくと考えられます。