歯科治療を受ける

治療内容と歯科医院選び

歯科治療にはさまざまな分野があり、細かく分化されています。歯科医師は全ての分野に長けている訳ではなく、基本的なことを除けば苦手とする治療もあるということになります。 歯科治療といえば一般治療、矯正治療、審美治療などが挙げられます。医院側が標榜することができる科目が限られているため、患者側としては治療に合わせて歯科医院を変える必要があります。よって、かかりつけの医院だからといって全ての治療に関しておまかせすれば良いという訳ではないのです。 これから歯科医院を探すということであれば、まずは歯科医師との相性、さらには「説明と同意」という意味を持つインフォームドコンセントに力を入れているかを確認しておきましょう。

保険適用の治療法について

歯科治療の中には保険適用の治療と適用外の治療というものが存在します。保険適用であれば他の治療と比べて治療費が低く設定されており、出来るだけ医療費にコストをかけたくないということであれば候補として挙げられやすい治療法となります。一方、保険適用外治療はコストは高くなりますが、審美的に優れていたり強度が増したりと付加効果を付け加えることができます。 虫歯治療などで使用される詰め物のインレーを例に挙げてみると、保険インレーは銀歯インレーや硬化プラスチックインレーなどが存在しています。これらは金属成分が歯や歯茎に浸透したり色が変色してしまうといったリスクもありますが、コストが低いので誰にでも利用しやすい治療法となっています。